アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「九条の会」のブログ記事

みんなの「九条の会」ブログ


総選挙後、改憲の新たな局面に際し「9条改憲NO」の声を草の根から

2017/10/31 07:57
 総選挙後、改憲の新たな局面に際し「9条改憲NO」の声を草の根から
                 2017年10月27日 九条の会事務局

  憲法と日本の進路に大きな影響を与える総選挙が終わり、自民党は284議席を獲得し、公明党、希望の党、維新の会合わせて改憲勢力が374議席、全議席の8割を超えた一方、安倍改憲に反対する側は、野党分断の攻撃を乗り越え、立憲民主党、共産党、社民党、無所属を合わせて90議席前後を獲得しました。
 もちろん、改憲諸党のなかでも公明党が9条改憲には消極的な態度を示し、維新の会が教育無償化に重点を置くなど改憲原案取りまとめまでには紆余曲折はあるでしょう。しかしそれは、9条の「改正」に対する国民の警戒心への対策にほかならず、改憲勢力の本命はあくまで9条改憲です。しかも安倍首相は「スケジュールありきではない」といいながら、多数の議席を背景に、あくまで18年通常国会での改憲発議、秋の国民投票実施に照準を合わせています。
  一方、9条に自衛隊を書き込むことについては、選挙後の世論調査でみても、設問の仕方に多少の違いはあるにせよ調査媒体によってまったく反対の結果が出ている(「朝日」賛成36%、反対45%、「読売」同49%、39%)ように、安倍9条改憲の危険性が充分に伝わっているとはいえない状況があります。
 九条の会も参加している「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が提起した3000万人署名の取り組みがいっそうその緊急性を増しています。通常国会での9条改憲発議を阻むために、全国の草の根で、全力で3000万署名に取り組みを強め、改憲勢力が改憲を発議できない状況を作り出そうではありませんか。こうした幅の広い声を結集することで、万一発議が強行された場合にも国民投票でそれを否決する力をつくることができます。
 何よりも3000万署名を軸にきめ細かい対話の運動をすすめましょう。
 九条の会が発行したブックレットやポスターを使って学習会を持ちましょう。
 すべての地域で、新たに選出された地元の国会議員に対し、9条改憲反対のメッセージを伝え、「9条改憲NO」の態度をとるよう訴えましょう。
記事へトラックバック / コメント


10.30九条の会東京連絡会ー渡辺治さんの講演会

2017/10/16 20:58
10月30日(月)、18:30から、麹町のエデュカス東京で、一橋大学名誉教授で九条の会事務局の渡辺治さんの講演会がもたれます。総選挙直後の新しい局面で、あらためて憲法の意義と、「改憲」勢力との対決点についてお話しがうかがえると思います。下のちらしをクリックすると見やすくなります。
画像
記事へトラックバック / コメント


九条の会声明「戦後日本の歴史と憲法の岐路に立って」

2017/10/06 11:40
戦後日本の歴史と憲法の岐路に立って
                    2017年10月5日 九条の会
  安倍首相は、臨時国会冒頭に解散し総選挙に打って出ました。野党による憲法に基づく再三にわたる臨時国会開催要求を無視しながら森友・加計問題をはじめとする疑惑隠しをはかる憲法破壊の暴挙です。重大なことは、首相が、この総選挙を、政権延命をはかるにとどまらず、安倍政権への批判の高まりのなかで強行のメドが危うくなった憲法「改正」実行のお墨付きを得る好機と位置づけたことです。
  自民党は、選挙の重点公約のひとつに、憲法9条に自衛隊を明記することを中心とする改憲を掲げました。過去に改憲の野望を抱いた首相は少なくありませんが、国民の批判を怖れ選挙戦ではそれを正面から争点にした例はありませんでした。自民党が改憲を旗印に選挙を戦うのは結党以来はじめてのことであり、容易ならぬ事態です。しかも解散直前になって、安倍政治を変えることを標榜して希望の党が旗揚げし、改憲勢力の一翼として登場しました。この結果、たとえ国民の批判を浴びて自公勢力が後退しても、希望の党や日本維新の会などと合わせ改憲勢力が3分の2を占める危険性が高まりました。そうした事態を許すならば、改憲派が2018年通常国会での改憲発議をねらってくることは間違いありません。
  9条への自衛隊明示は、安倍首相の「何も変わらない」という言明に反して、戦後日本が築いてきた「戦争しない国」の転換をもたらすことは明らかです。
  もし9条に自衛隊が明記されることになれば、9条の「武力によらない平和」の理念と真っ向から矛盾する「武力による平和」が明示され、9条の根本的改変が起こることは明らかです。
  また、自衛隊が憲法上認められることで、これまで「自衛隊は9条2項が保持を禁止している『戦力 』ではない」というために政府が積み上げてきた自衛隊の活動を制約する解釈の撤回、さらなる空文化が起こります。しかも、この改憲で合憲とされる自衛隊は、違憲な戦争法によって海外での武力行使を認められた自衛隊なのです。
  安倍首相は、北朝鮮問題での国民の不安を煽って改憲へと誘導していますが、軍事的圧力や9条改憲では北朝鮮問題を解決することはできません。それどころか、逆にアメリカの軍事行動への加担により、朝鮮半島での軍事衝突の危険を増大させることになります。朝鮮半島とアジアの平和は、憲法9条の原則に基づく外交によってこそ、実現できるのです。
  総選挙は、改憲諸党の前進を許し安倍9条改憲に道を開くのか、それとも阻むのかを決める重要な機会です。すべての市民が、戦後日本の「戦争しない国」をつくってきた憲法の役割に改めて思いを致し、安倍改憲を許さないという声を挙げましょう。
 草の根からの対話と宣伝を広げ、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」の提起する3000万署名の運動を大きく成功させましょう。
記事へトラックバック / コメント


安倍9条改憲を阻むために全国の九条の会は立ちあがりましょう

2017/09/12 01:30
安倍9条改憲を阻むために全国の九条の会は立ちあがりましょう
2017年9月6日    九条の会事務局
http://www.9-jo.jp/syomei-yousi.html#170906
記事へトラックバック / コメント


6月20日(火)九条の会 学習会

2017/06/12 15:15
九条の会事務局主催 学習会のご案内

 
周知のように5月3日に安倍首相は、「9条3項・加憲」、「教育無償化のための改憲」などを含めた明文改憲を唱えるビデオ・メッセージを改憲団体に寄せました これをいかに批判し、はねのけていくのか。そのためのしっかりとした情勢把握と憲法についての理解が、今こそ求められています。
 九条の会事務局では、下記のような学習会を準備しました。6月2日の九条の会講演会でも呼びかけ人・世話人のみなさんがそれぞれにお話になると思いますが、じっくりと学習する場として企画しました。
 よろしくふるってご参加ください。

【日時】:2017年6月20日(火)18時30分〜21時

【場所】:韓国YMCA地階スペースY(JR水道橋駅から徒歩6分、御茶ノ水駅から徒歩9分、地下鉄神保町駅から徒歩7分)
【講演】: @「安倍首相の改憲発言−その憲法論的検討」
      浦田一郎さん(一橋大学名誉教授・憲法学)

       A「安倍首相の改憲発言−そのねらいと危険性」
      渡辺 治さん(一橋大学名誉教授・政治学・九条の会事務局員)

【参 加 費】:(資料代として)1,000円/学生500円

事前申し込みは不要ですが、会場整理のため、あらかじめ下記まで参加希望者と人数をご連絡いただければ幸いです。

【問い合わせ】
九条の会事務局 〒101-0065 東京都千代田区西神田2−5−7−303 
TEL03-3221-5075 FAX03-3221-5076 Eメールmail@9jounokai.jp
記事へトラックバック / コメント


今年の憲法記念日の統一集会は昨年と同じ有明防災公園です

2017/04/12 15:18
画像
記事へトラックバック / コメント


5月3日憲法集会のプログラムと会場案内図です

2017/04/12 15:09
画像
記事へトラックバック / コメント


九条の会主催 第6回国交流討論集会開催のお知らせ

2016/08/21 17:17
※「九条の会」メールマガジン第238号(2016年08月10日)より

九条の会主催 第6回国交流討論集会開催のお知らせ
九条の会は、戦争法の発動と参議院選挙の結果を受け、今後の九条の会の在り方について交流し意見交換をするため、下記のように「交流・討論集会」を開催します。
◇日時 9月25日(日)午前11時〜午後4時
◇内容 全体会・分散会
◇会場 東京千代田区 明治大学駿河台校舎 リバティ・タワー他
◇参加資格 各地の九条の会からの代表(これは肩書としての「代表」という意味ではありません。それぞれの九条の会で参加を話し合ったうえ、御参加ください。)で、事前申し込みがあった方に限ります。
◇参加分担金1人1000円。
◇九条の会のウエブサイトのトップページに第6回全国交流・討論集会 参加申込書の用紙を掲載しました。参加ご希望の方はこの用紙にご記入の上、事務局にお届けください。提出締切は9月16日(必着)です。なお、その前に500名になり次第締めきらせていただきます。
申込書は、メールかFAX(03−3221−5076)でお送り頂きますようお願いします。

記事へトラックバック / コメント


2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」に取り組みましょう

2016/02/25 11:28
(「九条の会」メールマガジン  2016 年 2 月 25 日 第 228 号 より)

2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」に取り組みましょう

 2000万人署名が全国で、急ピッチで展開されております。
 2016年5月3日の発表をめざして、集約日は4月25日です。ただし、一気に2000万を整理することはできません。署名は集まり次第、どんどん届けてください。
 以下、この署名の取り扱いについて、記載します。
◇署名用紙はサイトからダウンロードしてお使いください。
 http://www.9-jo.jp/syomei-yousi.html#151031
 取扱団体名を書き入れたいときはword版を使ってください。ただし書き入れるのは取扱団体の部分のみにして、その他の部分は変更しないでください。
◇用紙はコピーしても使えます。
◇署名したものは原本(コピーは不可)を九条の会に郵送(FAXは不可)してください。
◇署名は自筆を原則とします。
 家族で姓や住所が同じであっても、省略や「〃」は不可です。フルネームでお願いします。
 署名の住所は都道府県から地番までお書きください。「同上」や「〃」は不可です。
 筆記用具は、消せないものを使用してください。鉛筆は使わないでください。
 書き間違えたときは修正液は使わず、二重線で消して下さい。
 署名の切り貼りや署名部分だけ切り取って送付することはしないでください。
 どうしても5人の欄が埋まらないときは空欄のまま送ってください。
◇署名資格は、日本在住の方であれば、年齢、国籍は問いません。また、海外在住でも、日本国籍をお持ちの方は署名できます。
◇記入いただいた個人情報は請願以外の目的では使用しません。
記事へトラックバック / コメント


九条の会が緊急記者会見〜安倍首相の九条明文改憲発言に抗議する

2016/02/10 11:52
「九条の会」メールマガジン 2016 年 2 月 10 日 第 227 号 より
九条の会が緊急記者会見〜安倍首相の九条明文改憲発言に抗議する

 2月8日、九条の会は2月8日午後、参議院議員会館で緊急の記者会見を開いた。安倍首相が参院予算委員会に於いて9条改憲に重ねて言及したことに抗議するもので、会見には呼びかけ人の澤地久枝さんと、小森事務局をはじめ、小澤隆一、高田健、渡辺治の各事務局員が同席した。記者会見では澤地久枝呼びかけ人から「こんなにあわただしく首相の改憲発言がつづいている。首相は大多数の憲法学者の意志に反して、憲法を変えるといっている。いま、日本の周辺では一触即発の危機がある。1人の戦死者もださなかった歴史を変えるのか。命がけで反対しなくてはならない」という発言があり、以下の緊急のアピールが発表された。

         九条の会の会緊急記者会見アピール 
 安倍晋三首相は、2月3日と4日と5日の連日、衆議院予算委員会の審議において、戦力の不保持を定めた憲法9条2項の改定に言及しました。その際に、「7割の憲法学者が自衛隊に憲法違反の疑いをもっている状況をなくすべきだ」という逆立ちした我田引水の理屈や、「占領時代につくられた憲法で、時代にそぐわない」という相も変わらぬ「押しつけ憲法」論などを理由に挙げました。これらは、同首相が、憲法9条の意義を正面から否定する考えの持ち主であることを公言するものに他なりません。
 昨年9月、政府・与党は、多くの国民の反対の声を押し切って、日本国憲法がよって立つ立憲主義をくつがえし、民主主義をかなぐり捨てて、9条の平和主義を破壊する戦争法(安保関連法)案の採決を強行しました。この時は、「集団的自衛権の限定行使は合憲」、「現行憲法の範囲内の法案」などと、従来の政府見解からも逸脱する答弁で逃げ回りました。ところが今度は、そうした解釈変更と法律制定による憲法破壊に加えて、明文改憲の主張を公然とするに至ったのです。それは、有事における首相の権限強化や国民の権利制限のための「緊急事態条項」創設の主張にも如実に現れています。
 私たち九条の会は、自らの憲法尊重擁護義務をまったくわきまえないこうした一連の安倍首相の明文改憲発言に断固抗議します。2007年、9条改憲を公言した第1次安倍政権を退陣に追い込んだ世論の高揚の再現をめざして、戦争法を廃止し、憲法9条を守りぬくこと、そのために、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます。
2016年2月8日
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」に取り組みましょう
「九条の会」メールマガジン 2015 年 12 月 10 日 第 224 号 より ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/10 11:16
2015年6月25日  戦争法を許すな 6・25世田谷区民集会
2015年6月25日  戦争法を許すな 6・25世田谷区民集会 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/12 19:44
九条の会事務局からの訴えと提案/2015年5月1日   九条の会事務局
九条の会事務局からの訴えと提案      2015年5月1日   九条の会事務局 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/12 18:16
2015年6月13日 STOP安倍政権!6.13大集会
2015年6月13日 STOP安倍政権!6.13大集会 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/04 22:41
2015年5月29日 世田谷の会総会と記念講演
2015年5月29日 世田谷の会総会と記念講演 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/27 23:54
2015年5月3日 憲法集会
2015年5月3日 憲法集会 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/18 21:14
「奥平康弘さんの志を受けつぐ会」の録画です
4月3日、調布市グリーンホールで行われた「奥平康弘さんの志を受けつぐ会」の録画で­す FmA自由メディア 広報:小林・はた ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/08 11:18
11月24日九条の会集会とパレード,日比谷公会堂超満員の2,500人で大成功!
11月24日九条の会集会とパレード,日比谷公会堂超満員の2,500人で大成功!  昨日24日,九条の会主催の集会とパレードが開かれ,首都圏の九条の会を中心に,2,500人が参加して,「憲法9条守れ」の声を,銀座通りに響かせました.  さいわい好天に恵まれ,紅葉最盛期の日比谷公園には,開場2時間前から,それぞれの九条の会ののぼりや旗をもった参加者が続々と集まり,開会時には,2,100席弱の会場は満員となりました.入り切れなかった参加者は開場外に設けられた大型スクリーンの前で集会に参加しました.世田谷区からは約50人が参加しました. 集会では,最初に高橋長英さん,根... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/25 18:35
九条の会アピール〜集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の 声を全国の草の根から
九条の会アピール〜集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の 声を全国の草の根から(2014年7月5日)  九条の会事務局は、7月5日午後、東京・日本教育会館で緊急の九条の会交流・懇談 会を開催し、5名の呼びかけ人によるアピールを発表しました。 http://www.9-jo.jp/opinion/20140705aoeal.pdf ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/07/07 17:47
九条の会発足10周年講演会(2014.6.10 渋谷公会堂)
九条の会発足10周年講演会「集団的自衛権と憲法9条」 (2014.6.10 渋谷公会堂) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/14 22:55
九条の会学習会「憲法九条の新たな危機に抗して」に参加して
九条の会学習会「憲法九条の新たな危機に抗して」に参加して  3月3日、「九条の会・事務局」と「九条科学者の会」共催の標記の学習会が、明治大学・リバティホールで開催されました。会場は500名を超える参加者がかけつけ、通路をうめ、会場の外での傍聴者もでるほどの盛況でした。  開会に先立ち、オープニング・アクトとして昨年末亡くなられたベアテ・シロタ・ゴードンさんを、偲んで、『映画・日本国憲法』(ジャン・ユンカーマン監督)の一部が上映されました。  最初に、五十嵐仁(法政大学教授)さんから「日本政治の右傾化と憲法の危機」の講演が行われ、ジョークを交えて安倍... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/15 16:50
「私たちは、憲法前文・九条を選び取ってきた」九条の会講演会に参加して
「私たちは、憲法前文・九条を選び取ってきた」九条の会講演会に参加して  まだ暑さの残る9月29日、日比谷公会堂で開かれた九条の会講演会「三木睦子さんの志を受け継いで〜今、民主主義が試されるとき〜」に参加した。  駅を出ると装甲車が止まっていて、緊迫感が伝わってきた。全国から参加者1800人。オープニングは、佐藤真子さんの清んだ歌声から。呼びかけ人・作家の大江健三郎さんは、三木睦子さんが「国民が平和で静かに暮らせるなら、大国でなくても良いのではないか」と言っていたことを紹介し「この国は民主主義の国だろうか?」と問いかけた。即時ではないが、2030年に原発再稼動ゼロ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/01 11:44
第4回九条の会全国交流集会が開催された
第4回九条の会全国交流集会が開催された  2008年11月に、第3回九条の会全国交流集会が実行されて以降は、全国各地で交流集会を展開していましたが、2011年11月19日、3年ぶりに日本教育会館(東京・千代田区)で第4回九条の会全国交流集会が開催された。  当日はあいにくの雨天でしたが、750名(主催者発表)が元気に参集し、10時30分司会挨拶とともに開会されました。よびかけ人挨拶は、作家の大江健三郎さん、憲法学者の奥平康弘さん、作家の澤地久枝さんの3氏でした。  大江さんは、9月19日明治公園で行われた「さよなら原発」6万人集会... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/19 21:04
九条の会講演会に参加して
九条の会講演会に参加して  6月4日(土)の午後、日比谷公会堂での、講演会。開会前から多数が詰めかけ、参加者は会場いっぱいの2000名。事前申し込みが締め切られ、入場券を持たずに並んでいた人も出るほど。参加できなかった人も多数いたようです。  9人の呼びかけで「九条の会」が発足してから、7年。小田実、加藤周一、井上ひさしの3人が亡くなられたが、「未来世代にのこすもの 私たちは何を『決意』したか」をテーマとして、4人の呼びかけ人が、今の時点で考えておられることを話された。  鶴見俊輔さんは、原発事故を、原爆の開発時点か... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/17 21:49
守ろう憲法九条!
 世田谷区内での当面予定されている活動をコメント欄で紹介しています。  (下部のコメントをクリックして下さい)  また、座談会「戦争体験を聞く<第5回>」は次のとおりです。ご案内します。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2006/02/24 16:56

トップへ | みんなの「九条の会」ブログ

世田谷・九条の会ブログ 九条の会のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる