九条の会・まつざわ「人間らしく生きたい」と金子さんの憲法学習会

 ◆ 2009年6月13日(土)10時~12時
 ◆ 於:桜上水南地区会館
 ◆ 「人間らしく生きたい」~基本的人権 「社会権2」~
 ◆ 金子勝さん(立正大学教授)の講師で憲法学習会をしました(28人参加)。

 冒頭で、11日に与党が衆院憲法審査会「規定」を強行採決したことに触れ、世田谷区役所、出張所などでも、総務省の発行した「平成22年5月18日から『憲法改正 国民投票法』が施行されます。」のリーフレットが配布されているから、取り寄せて、その危険性を広めてください。と注意喚起されました。
 今回は、日本の国家の政治、企業の活動の中には日本国憲法は存在していない(ちょっと、極端ではないでしょうか!)。今日の日本は、「日米安保条約体制」と自民党の新憲法草案に基づいて政治が行われている。しかも、日米安保体制は、グローバリゼーションのもと、1996年「日米安保共同宣言」、2006年「新世紀の日米同盟」により、大きく変容されてきている。という厳しい情勢が詳しく話されました。
 また、政府は諸々の社会権について、この権利は「プログラム規定」であると(憲法制定時から)言っている。というがっくりするような話がありました。どおりで違憲の制度がいろいろまかり通っているのだと思いました。
 学習を深めて、運動を広めて、日本国憲法を実現する政府をつくりたいものです。(荘司)

画像