戦争も核兵器もない世界を !!烏山ピースウォーク

日本と世界の宝、憲法9条を守ろう!!ピースウォークでアピール
 「憲法9条を愛する烏山地域の会」は、毎年恒例の夜の8・9ピースウォーク(平和行進)を行いました。
 集中豪雨で開催が心配されましたが、開始1時間前にピタッとやみ、出発前の集会には、新調した横断幕やペンライトなど各人が光りものを持ちより30人が参加しました。
 金子民夫代表世話人が、年金相談活動などを通じ、憲法9条とともに憲法25条(生存権)を守るたたかいが切り離せないとあいさつ。また、オバマ大統領のプラハ演説に逆行する麻生首相の「核の傘」論を批判しました。
 6区の公開討論会に参加した佐藤なおき氏は、衆院立候補予定者のうち、「憲法9条を守る」と発言したのは私だけだった。と紹介しました。
 事務局の里吉さんから、念願だった京王線踏切の隊列横断が実現し、南北の商店街でアピールできるのはうれしい。との報告がありました。
 出発の隊列を整えていると「参加していいですか?」と若いご夫婦からうれしい声がかかり、参加者がさらにふえました。
 「憲法9条を守れ」「戦争のない世界をつくろう」「核兵器のない世界をつくろう」「軍事費を削って福祉に回せ」など元気に唱和。久しぶりに行進する南の商店街では憲法ビラの受け取りもよく、店内から従業員が声援を送ってくれるなど温かく隊列を迎えてくれました。
 南公園で恒例の記念写真をとり解散しました。
 若いご夫婦も「9条の会」の賛同人に加入され、平和行進に輝きを添えました。《烏山憲法ニュース27号から》
画像

画像