世田谷・九条の会ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 1月28日に朗読会と嬉野京子さんの講演「戦場が見える島 沖縄」

<<   作成日時 : 2017/01/12 14:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

九条の会まつざわからいただいた朗読会と講演会のお知らせです。
          
リーディング公演+講演

主催:とーと会「麦藁帽子」

『戦場が見える島 沖縄』
沖縄の問題はわたしたちの問題なのだ


 朗読を通して平和を考える麦藁帽子。今回は「沖縄」を考えます。県民の4人に1人が犠牲になった沖縄戦。戦後も米軍基地の存在が人々の生活を脅かし、現在“やんばるの森”ではヘリパッド建設が強行されています。沖縄の置かれている現状を知ってください。誰かの犠牲の上に成り立つ「平和」をどう思いますか? 皆さまとご一緒に、「沖縄」の過去・現在・未来を考えたいと思います。
 第1部では、麦藁帽子メンバーが、沖縄戦体験者の手記を中心にリーディングを行います。第2部では、報道写真家・ディレクターで『戦場が見える島 沖縄』の著者である嬉野京子さんにご講演いただき、50年にわたる取材から浮かび上がる沖縄の問題についてお話をうかがいます。
 お子様連れの方、組合員以外の方もどうぞ。たくさんのご参加をお待ちしています。

◇日時:平成29年1月28日(土) 午後2時〜4時30分(開場:1時40分)
◇会場:高井戸地域区民センター 第3・4集会室(杉並区高井戸東3-7-5)
◇参加費:無料(事前申し込みの必要はありません。当日会場へ直接お越しください。)
◇問い合わせ先:東都生協杉並センター(03‐5384‐7501)

★とーと会〈麦藁帽子(むぎわらぼうし)〉★

1997年、『この子たちの夏 ―1945・ヒロシマ ナガサキ ―』(地人会)の自主上演を目的に結成。東都生協の【平和】をテーマにしたグループとして、朗読会や学習会などの活動を継続中。年1回の企画イベントでは、原爆をはじめ、東京大空襲、憲法、福島原発事故などを取り上げ、記録集や体験記、詩、エッセイ、新聞記事などを素材に構成した台本で朗読発表を行っています。
メンバー 篠田雅子、荘司美子、曽田けい子、田村恭子、谷 敬子、平田敬子、松井和恵

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

1月28日に朗読会と嬉野京子さんの講演「戦場が見える島 沖縄」 世田谷・九条の会ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる