世田谷区内にもっと多くの「九条の会」を!

「世田谷・九条の会」アピール
 「日本国憲法は、いま、大きな試練にさらされています」で始まる「九条の会」アピールが加藤周一さんなど著名九氏の連名で発表されたのは、5年前の2004年6月でした。現在では全国に7000を超える「九条の会」がつくられています。多様な活動を通じて、「九条の会」運動は国民世論をひろげ、国政にも影響をもつまでになりました。

 しかし、改憲派は「九条の会」に対抗しての運動を強化しつつあります。
 自衛隊が海外に派兵され、戦争に参加する危険な動きが急速にすすんでいます。
 来年5月18日には、改憲のための「国民投票法」が施行されます。
 憲法を守り、生かす活動のいっそうの強化が求められています。
 「九条の会」は、市民だれでもが参加できる個人参加の会です。その特徴を生かした運動を強めていきましょう。

 世田谷区内の「九条の会」は22できています(地域12、職場6、分野4)。小学校区ごとに会をつくろうと呼びかけられていますが、人口80万人を超える世田谷区内にもっとたくさんの「九条の会」をつくり、憲法について話し合うなどの活動を行おうではありませんか。
 「九条の会」がない地域・職場におられるみなさんに「九条の会」アピールに賛同していただく人を身近に増やしながら「九条の会」づくりに力を出していただくよう訴えます。

 私たちは、2月7日に世田谷・九条の会4周年記念「講演と音楽のつどい」を950人の参加で開催しました。参加者の感想(ニュースとホームページに掲載)をぜひお読みください。「九条の会」運動についてのたくさんのヒントがあります。はげまされます。

 日本だけでなく世界の宝である9条が変えられることがあってはなりません。
力を合わせて「九条の会」アピールの賛同者を増やし、区内にもっとたくさんの「九条の会」をつくりましょう。
                              2009年5月20日     
                              「世田谷・九条の会」事務局
                              <ニュース20号から転載>

画像